T.K.G.の『ぶっ飛び求めて三千里魂』

高城一寿/T.K.G. / blogger T.K.G. /actor T.K.G. /dancer T.K.G. /performer T.K.G./ オリジナルカテゴリー確率中 / T.K.G.のぶっ飛びLIFEが世界に勇気と笑顔を運びますように。

T.K.G.のちょっとした自己紹介…。

さてさて,
昨日からはてなブログに参入しましたT.K.G.こと高城一寿です!
高城一寿ってちょっと打つのが面倒だし憶えづらいかなと思いましたので,
以後自分に関しては《T.K.G.》と表記いたします。よろしくです!!

T.K.G.の自由人第一期

わたくしT.K.G.は自由人を自他共に認める自由人であります。
直感を大事にし,思うがままに突き進むがモットーのもと今まで生活してまいりました。
そんな自由人性質が如実に表われ始めたのは高校時代からかと思われます。
そう,思いつきで高校留学したのです(笑)
特に理由はありません。行ってみたかったんです,アメリカに!
当然親には反対されましたが,わたくし先見の明があったのか中学時代に汗水流しながら新聞配達をしていたため自分の力でアメリカ行きを手配することができました。
半分勘当状態です。
昭和のドラマかって感じですよね(笑)
このあたりからT.K.G.の自由人ロードが始まったようです

T.K.G.の自由人第二期

高校を卒業し日本に帰るかと思いきや,アメリカで就職してしまうT.K.G.(笑)
しかも普通の仕事じゃないんです。
知り合いの紹介で個人の報道事務所に入り,報道アシスタントとして働き始めました。
フリーで仕事を請け負う事務所であったため,
仕事はアメリカに留まらず世界に及ぶそんな幅広いものでした。
パパラッチ,ジャーナリスト,ライター,戦場カメラマン,スパイ…。
しかしなぜ日本に戻ってきたのか。
仕事自体は天職でした。最高でした。
でもいつも危険と隣り合わせでした。仕事の内容によっては入国する国から狙われることさえありました。
ちなみに,命の危険にさらされたのは5回あります。
銃をつきつけられたり,集団にかこまれたり…。
最後は爆弾でずどーんです。
ごめんなさい,表現が大雑把すぎますね(笑)
ここからは他の方から聞いた話なので本当のところは分かりませんが,
ある内戦が盛んな国にいる際に,ちょうどその日はお店の外でランチをしていたようなんです。
内戦地ですから自爆テロも少なくないわけで,その時折起きる自爆テロに巻き込まれ吹っ飛び2週間ほど意識が戻らなかったようです。距離が少し離れていたのでそこは幸いでした。
爆発の衝撃で頭に血が溜まり手術をしなくてはいけなくなり,そのために帰国した,というかんじです。
医者ではないので詳しいことは分からないのですが,血が溜まっていたことにより言語中枢が刺激されており,そのせいで今まで培ってきた他言語の記憶を失ってしまいました。
かろうじて長年話してきた日本語となぜかアラビア語だけは残るというまたまたよくわからん結果になりました(笑)
そんなわけで報道マンとしての人生はひとまず幕を閉じたわけです。

T.K.G.の自由人第三期

日本に帰国し手術を受けたT.K.G.は実家に戻ることになりました。
久しぶりの実家。
事故のことも手術のことも当然知らされている家族に迎えられ新しい生活を作り始めることになりました。
色々な仕事をしました。
札幌のホテルで契約社員として働いたり,ススキノ1忙しいバーでバーテンダーをしたり,何でも屋をやってみたり。好きなように働いてました。
でも目標や達成感がなぜか得られず,満足のいかない日々を過ごす毎日。
時間だけが過ぎていく中で,前回も触れましたがtkgdj.hatenablog.com俳優業に辿り着いたわけです。
久しぶりに見つけたやってやりたい,やりつくしたいと思える仕事でした。
当然のことながら家族からは反対され,置き手紙を残し家を出てきたT.K.G.ですが(笑)
現在友達の家に居候というこれまたぶっ飛んだ生活をしながら俳優活動に勤しんでおります!
早く家を見つけなくては…が今の目標。

ということで。

自由人T.K.G.は形にとらわれない自由なブログを目指したいと思っております。
思ったこと学んだこと楽しかったこと嬉しかったこと納得いかないこと…などなど
自由に綴っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!!

Twitter→@Kaz_takagi529


f:id:tkgdj:20150526025638j:plain