T.K.G.の『ぶっ飛び求めて三千里魂』

高城一寿/T.K.G. / blogger T.K.G. /actor T.K.G. /dancer T.K.G. /performer T.K.G./ オリジナルカテゴリー確率中 / T.K.G.のぶっ飛びLIFEが世界に勇気と笑顔を運びますように。

彼にとっての普通。彼女にとっての普通。T.K.G.にとっての普通。

少々の休止を経て復活しましたT.K.G.でございます。
色んなことを考えていました。

いまの自分の状況を何日もかけてしっかりと見つめ直し,その上で欲求などを無しにしてこれから自分は何をしていかねばならないのか,ずっと考えていました。

最初は役者もブログも全くやめてごくごく普通になってやろうと思ってました。
いまの自分にはすべきでないことなんだなと思っていました。
そうやって無理やり思考スイッチを切り替えました。
ある意味で上手く切り替わった感じはします。

そう,ある意味では。


結論から言うならばまたもやブロガーとしてキーボードを叩いている自分がいる。
役者としての気持ちも今だ残っている自分がいる。

考えた結果変わってないじゃないか,と思われるかもしれません。
しかし,最短距離でとか今すぐにとかは思わなくなった。
状況を整理してみて確かに現状を痛いほど認識しました。
その上で今は何をしなければいけないのか,最優先事項もわかりました。
だからそれに取り組むべきなのもわかっています。

ここまでは今までもわかっていたこと。
ただ,今までは早く片付けてしまおう,どうせこんなことも今のうちだけ,といった安楽的な考えだったのです。
そんなんじゃきちんと問題に向き合えるわけがない。
当たり前ですよね。


だから,今すぐなにか大きいことをしてやろうなんて思わないことにしました。
それだけで精神的に全然違う。
焦ったって良いことないんです。
今までの自分焦りすぎ。
だから失敗を繰り返してきたのです。


失敗は確かに財産かもしれないけど,繰り返してるようでは教訓になっていない証拠。


冒頭で「普通になってやろう」と思っていたと書きました。
実際普通になるために何ができるのか考えました。

「そもそも自分にとっての普通ってなんなんだ?」って話なんです。
普通が定義付けなんかされてないし,そもそも普通の定義だったり規格は人によって様々。
確かにここ最近のT.K.G.は普通ではなくイレギュラーな生活でした。
といってもまったくおかしな生活だったかというとそうではなくって,ちょっとだけイレギュラーだっただけ。
となると,T.K.G.にとっての普通と今がかけ離れているわけではないということに気づいたのです。

自分にとっての普通が周りから見れば特殊だったり異常だったりすることがあるかもしれません。
もしくは,以前は自分でも異常だったのにいつしか普通になっていることもあるかもしれません。
T.K.G.的には後者かもしれません。

両者の場合も改善の余地を見出すことができるかもしれない。
自分にとっての普通なんて常に変動するものです。
ある意味「これが自分には普通なんだ」と言ってしまえば普通になりえること。
変動するということを逆手に取れば,普通の基準を上げたり幅を広げたりもできるということ。

ならばそうすれば良いではないかという話なのです。
周りから見て好ましくない普通になっているのであれば好ましく思われる普通にしてしまえば良いだけの話なのです。


って考えると『普通』にも色々あって面白いですね。
大事なのは型にはまったりとらわれたりしないこと。
あくまでも『自分にとっての普通』の話ですから自分をしっかり見つめるのが大事だったりしますよね。

普通の向上を目指して。



《T.K.G.のAfter talk》

目の前にラッパー集団がいる。
寒空の中,雪が深々と降りゆく中繁華街の隅っこに。
札幌狸小路の一角にそんな風景が見られました。

一見周りからすれば異質だけど,彼らにとっては普通となり得るのかもしれない。

路上ライブも含めてこういうのが札幌で増えたら良いのにななんて思ったりするT.K.G.です。





※ブックマーク・スターボタンお持ちしております。
TwitterFacebookの拡散やシェア,フォローもお持ちしております。
いつもありがとうございます!

b>Twitter▶︎ @tkg0529
Instagram▶︎ tkgkazzzz0529
Vine▶︎ T.K.G.
Facebook▶︎
https://www.facebook.com/t.k.g.0529

noteもやってたりします!!

何か質問がある方は▶︎
https://m.ask.fm/tkg29

個人的に用事がある方は▶︎tkgkaz0529@gmail.com